経済ニュース速報 RSS

シカゴ穀物引け速報=大豆・コーンは続伸、需給報告と小麦高を受け

2019年07月12日(金)05時33分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大 豆      2019/07 896.25 + 3.25
2019/11 917.25 + 4.50
 コーン       2019/07 447.75 +13.50
2019/12   448.00 + 8.50
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大豆、コーンは需給報告と小麦高を受け揃って続伸。
 大豆は続伸。終値の前営業日比は変わらず〜4.75セント高。中心限月の11月限
は4.50セント高の917.25セント。
 米農務省(USDA)発表の月例需給報告では作付面積が引き下げられたことを受け
て生産量が引き下げられたこと、小麦高が買い支援材料となったが、前日に大きく上昇
していたこともあり、買い一巡との見方が広がったうえ、これで材料織り込み感が強
まったため上げ幅は限られた。ただ、米コーンベルトでの高温予測も買いを支えたこと
から高値から大きく値を崩すことは無く、この日の高値に近い水準での終了となった。
 コーンは続伸。終値の前営業日比は変わらず〜13.50セント高。中心限月の12
月限は8.50セント高の448.00セント。

 USDAが発表した需給報告では、6月末の作付面積が適用されたことを受けて生産
量予測が引き上げられたが、これで材料織り込みとなったうえ、イールドが据え置かれ
たことが強気材料視された。また、期末在庫量が大幅引き下げとなった小麦市場の堅調
な足取り、米コーンベルトでの7月半ば以降の気温上昇予測が買いを支援するなか12
月限は6月28日以来の水準まで上昇し、その後も値を落とすことなく、この日の高値
圏で取引を終えた。

(ミンカブ)