経済ニュース速報 RSS

東京株式(前引け)=上値重く小幅高、安川電の下落で機械株など安い

2019年07月12日(金)12時11分

 12日前引けの日経平均株価は前日比9円60銭高の2万1653円13銭と小幅
高。前場の東証1部の売買高概算は5億2200万株、売買代金概算は9379億51
00万円。値上がり銘柄数は861、値下がり銘柄数は1177、変わらずは104銘
柄だった。
 日経平均株価は、方向感に欠けるなか一進一退。朝方、70円強上昇して始まった
が、買い一巡後はマイナス圏となり一時50円強下落する場面もあった。ただ、その
後、再びプラス圏に値を戻した。前日のNYダウは初の7000ドルに乗せたが、東京
市場では前日の決算発表を受け安川電機<6506>が売られるなか、機械や電機株などが
売られ上値を抑えられた。明日から3連休となることも買い手控え要因となった。アジ
ア市場では中国・上海総合指数が続伸。為替相場は1ドル=108円30銭台で前日夕
方に比べ円安で推移している。
 個別では安川電機<6506>が売られ、ファナック<6954>やキーエンス<6861>も下
落。東京エレクトロン<8035>や村田製作所<6981>、信越化学工業<4063>が値を下
げた。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>や野村ホールディングス<8604>
も安い。半面、ファーストリテイリング<9983>、ソフトバンクグループ<9984>が高
く、ソニー<6758>もしっかり。ディップ<2379>が高く、タマホーム<1419>、ユニ
ゾホールディングス<3258>が値を上げている。
出所:minkabuPRESS 株式情報