経済ニュース速報 RSS

シカゴ穀物引け速報=大豆は軒並み下落、コーンは揃って反落

2019年11月14日(木)05時36分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大 豆      2019/11 902.50 - 3.25
2020/01 915.25 - 1.75
 コーン       2019/12 375.25 - 2.50
2020/03 384.00 - 2.50
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 トランプ大統領の演説を受け大豆は軒並み下落、コーンは揃って反落。
 大豆は軒並み下落。終値の前営業日比は3.25〜1.75セント安。中心限月の1
月限は1.75セント安の915.25セント。
トランプ大統領が演説において、米国と中国は第一段階の部分合意に近づいている、
としながらも、その一方では合意に至らなかった場合には大幅に関税を引き上げる、と
述べたことで米中通商協議に対する楽観的な見方が後退したことが弱材料となった。た
だ、価格が下落したことで中国からの買い付けが増加しているとの報も伝えられたこと
で下げ幅は限られ、1月限は前日の安値を下抜き、安値圏で取引を終えているが910
セント台半ばという値位置は維持している。

 コーンは揃って反落。3.00〜0.50セント安。中心限月の12月限は2.50
セント安の384.00セント。

 前日には小麦高に追随して上昇したが、小麦市場が寒波に対する懸念が和らぐなか反
落したことが弱材料となった。また、米産地のコーン収穫は依然として遅延した状態に
あるものの、すでに成熟を終えているため今後、生産量が大幅に変更されることは無い
との見方も弱気要因となった。

MINKABU PRESS0