経済ニュース速報 RSS

東京株式(前引け)=反発、香港株堅調で投資家心理改善

2020年01月22日(水)11時54分

 22日前引けの日経平均株価は前営業日比120円94銭高の2万3985円50銭
と反発。前場の東証1部の売買高概算は4億5952万株、売買代金概算は8240億
6000万円。値上がり銘柄数は1353、対して値下がり銘柄数は671、変わらず
は135銘柄だった。
 きょう前場の東京市場は、朝方は売り買い交錯で始まったが、その後は次第に水準を
切り上げる展開となった。中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が世界的に広
がりを見せることへの懸念から前日の米国株市場でNYダウが反落、東京市場でも買い
手控えムードにあったが、日経平均は既に前日に調整を入れていたこともあって、一部
空売り筋の買い戻しなどで思わぬ強調展開となった。取引時間中は香港株市場が堅調な
値動きをみせたことで投資家心理が改善した。値上がり銘柄数は値下がり数の約2倍と
なったが、売買代金は8200億円台にとどまるなど低調だった。
 個別では東京エレクトロン<8035>、アドバンテスト<6857>、信越化学工業<4063
>など半導体関連が高く、キーエンス<6861>、ダイキン工業<6367>なども上昇し
た。第一三共<4568>も買われた。神栄<3004>が急騰、IDOM<7599>も大きく上
値を伸ばした。東洋建設<1890>も物色人気。半面、トヨタ自動車<7203>が冴えず、
日立製作所<6501>も売りに押された。ネットワンシステムズ<7518>が大幅安、イン
ターアクション<7725>、テラスカイ<3915>なども値を下げた。
出所:MINKABU PRESS