経済ニュース速報 RSS

NY貴金属引け速報=金は反発、中国と主要国の対立激化を警戒

2020年05月23日(土)05時19分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
金 20/ 6 1735.5 + 13.6 プラチナ  20/ 7 886.3 + 19.8
20/ 8 1753.5 + 16.6       20/10 885.6 + 20.9
銀 20/ 7 1769.3 + 32.9 パラジウム 20/ 6 1977.10 - 85.20
  20/ 9 1776.3 + 33.9       20/ 9 1975.80 - 82.30
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ニューヨーク金、銀は反発。終値の前日比は、金が13.6〜15.7ドル高、中心
限月の6月限が13.6ドル高、銀が32.9〜36.7セント高、中心限月の7月限
が32.9セント高。
 金6月限は反発。中国が香港に対する国家安全法の制定を進め、民主主義や人権がさ
らに失われようとしているなかで、主要国と中国との摩擦が強まっていることから、逃
避的な買いが入った。トランプ米大統領は国家安全法が導入されるなら強力に対処する
としているほか、英国、豪州、カナダの外相は懸念を示す共同声明を発表した。
 米国の制裁を無視して、イランから燃料を積載したタンカーがベネズエラに向かって
おり、近日中に到着する予定であることから米国と反米国家の対立が先鋭化する可能性
があることも金相場を押し上げた。報道によると、ベネズエラ領海に入った後、同国の
戦艦がイランからのタンカーを護衛するもよう。
 銀7月限は反発。金相場に連動した。
 プラチナ系貴金属(PGM)はプラチナが反発、パラジウムは続落。前日比は、プラ
チナが18.8〜22.5ドル高、中心限月の7月限が19.8ドル高、パラジウムが
85.20〜82.30ドル安、中心限月の6月限は85.20ドル安。
 プラチナ7月限は反発。コロナショックを経て世界経済が立ち直り、自動車向けの触
媒需要が回復することが期待されている。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大の抑制
に苦慮する国は依然として多く、需要回復見通しが曇ったままであることは上値を抑え
た。
 パラジウム6月限は続落。コロナ禍で世界中の雇用が崩壊しており、自動車販売が低
迷する見通しであることが重し。ただ、従来から供給不足であることから調整安は進ん
でいない。
MINKABU PRESS