経済ニュース速報 RSS

欧州外為序盤=ポンド売りが優勢、ドル円は108円台後半

2020年06月04日(木)18時45分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
午後6時38分時点の主要通貨は下記の通り。

           直近値 前日のNY17時比 高値 / 安値
ドル・円       108.92 + 0.02 (+ 0.02%) 109.16 / 108.81
ユーロ・ドル     1.1200 - 0.0033 (- 0.29%) 1.1239 / 1.1195
ポンド・ドル     1.2518 - 0.0057 (- 0.45%) 1.2583 / 1.2501
ドル・スイス     0.9600 - 0.0012 (- 0.12%) 0.9624 / 0.9593
ドル・カナダ     1.3515 + 0.0020 (+ 0.15%) 1.3530 / 1.3490
豪ドル・ドル     0.6887 - 0.0034 (- 0.49%) 0.6933 / 0.6883
NZドル・ドル    0.6410 - 0.0012 (- 0.19%) 0.6432 / 0.6404
ユーロ・円      121.99 - 0.35 (- 0.29%) 122.50 / 121.97
ポンド・円      136.35 - 0.59 (- 0.43%) 137.15 / 136.27
スイス・円      113.46 + 0.16 (+ 0.14%) 113.59 / 113.10
カナダ・円      80.60 - 0.10 (- 0.13%) 80.88 / 80.51
豪ドル・円      75.02 - 0.35 (- 0.47%) 75.58 / 74.98
NZドル・円     69.83 - 0.12 (- 0.17%) 70.15 / 69.72
ユーロ・ポンド    0.8947 + 0.0013 (+ 0.14%) 0.8962 / 0.8927
ユーロ・スイス    1.0752 - 0.0046 (- 0.42%) 1.0808 / 1.0744
ポンド・スイス    1.2018 - 0.0069 (- 0.57%) 1.2097 / 1.2003
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 欧州外為市場序盤は、ポンド売り優勢となっている。ドイツのクラウス駐欧州連合
(EU)大使が英国とEUの将来の通商関係をめぐる交渉について、実質的な進展は何
もないと指摘したことを受け、英国のEU離脱後の移行期間が合意ないまま終了となる
ことが懸念され、ポンドが売られている。ドル円は108円台後半、ユーロドルは1.
1200ドル付近、ユーロ円は122円付近で推移している。

 ポンドドルは1.25ドル台前半で取引されている。欧州では、ドイツのクラウス駐
EU大使の発言で、英国のEU離脱後の移行期間が合意ないまま終了となることが懸念
されて一段安となり、一時1.2501付近まで下落した。

 ドル円は108円台後半で取引されている。欧州では、対ポンドや対ユーロなどでの
ドル高を背景に上値を伸ばし、4月7日以来の高値水準となる109.16付近まで一
時上昇した。しかし、その後は伸び悩み、108円台後半に押し戻されている。

 ユーロドルは1.1200ドル付近で取引されている。欧州では、欧州中央銀行(E
CB)理事会の結果発表やラガルドECB総裁の会見を控え、ポジション調整とみられ
る売りに押され、きょうの安値を広げ、1.12ドル割れに沈み、一時1.1195付
近まで下落した。

 ユーロ円は122円付近で取引されている。欧州では、ECBのイベントを前にし
て、ポジション調整とみられる売りで軟化し、122円割れに沈み、一時121.97
付近まで下落した。

 東京時間午後6時38分現在では、ドル円は1ドル=108.92円前後、ユーロド
ルは1ユーロ=1.1200ドル近辺、ユーロ円は1ユーロ=121.99円前後で取
引されている。

MINKABU PRESS